音楽業界のプロからの挑戦状?!

 

いつもブログをご覧ただきまして、ありがとうございます。

3月も後半に入り、札幌市内もようやく春めいてきました。
桜の開花も例年に比べ1週間ほど早いという予報です。

お問合せフォームより、Take5  ver.Third Technology  について、「御社の試聴室ではどのように聴こえているのですか?」と言う質問が数件寄せられています。

この曲はイベント課題曲に使用しましたが、非常に難しい録音です。
楽曲の好みは抜きにして、ぜひご自身のお車で聴いていただきたい楽曲になります。
Take5の件でご質問いただいた皆様は『きっと何かに気が付き始めたのでは?』と、勝手な解釈をしています。

実は…
次期新製品に向けて開発している試作品の仕上がりが良く、私自身でも少し驚いてしまうようなTake5の聴こえ方へと変わってきているのです。

最高の環境でのインプレッションをお届けしたいと思います。
お問い合わせいただいておりますユーザー様方、もう少々お時間をいただければ幸いです。
(試作品はまだまだ時間がかかりますので、すぐには製品化できませんのでご了承ください。)

 

私の憶測も入りますが、現段階でTake5に感じていることは下記の通りです。

①観客は録音側の演出として数名が配置されているのでは?と感じてしまう人数と立ち位置
②ある瞬間にゆっくりと音の焦点を変化させている録音であること

客席からステージの演奏を聴いていると言う録音手法はBill Evans/Waltz for Debbyにとても似ています。
しかし、イメージできるステージの大きさは、とてもコンパクトです。そして…』

…いけませんね、書きすぎるところでした。
ここから先は、日を改めて書かせていただきます。

それにしても、なぜ、このような定位と不思議な音場の録音をしたのだろう?と考えてしまいます。
何かの意図があっての事なのでしょうか?
しかしCar Audioと言うスピーカーが正面にない環境では、とても困難な録音の楽曲に感じます。

そこで私は勝手な想像をしてみます。
この曲はCar Audioのタイムアライメントや調整と言う概念への『音楽業界のプロからの挑戦状なのでは?!』と…。

通常は、この曲でタイムアライメントを使用し各スピーカーの時間軸を合わせる調整を行うと、音の焦点を曲の途中で移動させていることから、タイムアライメントの調整次第ではピントがずれるたびに音場も歪みます。
あらぬ方向から楽器が飛び出してくるような聴こえ方になります。
それとは逆に、他の曲で調整した後にこの曲を聴くと、逆の歪みが発生し聴くに堪えない音になってしまいます。

この現象を冷静に考えると・・・・
『どの曲も正しく再生されていなかったのではないだろうか? 』と。

普通に聴いても決して変な聴こえ方ではありません。
しかし、もっと凄い音を聴いてしまったばかりに…私はこのように感じてしまうのです。

『全ての曲を歪ませずに聴こえる共通のピント(焦点)の位置と、それを実現する為の考え方と手法は何なのでしょう?!』

取り付け技術や音の調整作業が最も重要であることは変わりません。

そこで弊社が導き出した答えは、やはりカーオーディオ専用電源をつくることに他なりません。

バッテリーまわりはbasisシリーズを使用することで最適な環境へ導くことができます。
問題はbasisを使用したバッテリーから先となるオーディオ機材の電源環境です。
スピーカーコーン紙の振動や正確なストロークを達成できない要素がここにあるということです。

Point2等のfeelシリーズの効果が作用する個所ではなく…まだ手掛けていない箇所がありました!!

試作品は、どうやらこの問題を解決することができる仕上がりになっていることが確認できましたので、このままさらに進めていきたいと思います。

上流から下流まで、全ての個所でカーオーディオ専用電源の質に変換できた時、正しいTake5の録音を体験することができるでしょう!

『Car Audioは皆様が考えているよりも単純でありながら、想像以上に手ごわく難解です!』

basisシリーズを取り付けられた皆様は何らかの手応えを感じ始めているのではないでしょうか?

もし宜しければ、REVIEW  のページに、basisを取り付けてからのTake5  ver.Third Technology の聴こえ方の変化などもお寄せいただけますと幸いです