FAQ – よくあるご質問

お客さまからのよくあるご質問をご用意しています。

設置について

Q.01
energyboxfeelシリーズのキャパシタは、バッテリーに取り付けることはできますか?

取り付けることはできません。 バッテリーは脈流(充電に必要なノイズ)を使用して充電するメカニズムなので、脈流を消してしまうキャパシタは取り付けることができません。
バッテリーとキャパシタを並列に接続するとインピーダンスの低い方に優先して充電されるので、feelシリーズのように極端にインピーダンスの低いキャパシタと併用することはできません。

Q.02
feelシリーズのキャパシタは、ナビ・プロセッサー・アンプを含む機材に対して何台まで取り付けることができますか?

取り付ける台数に制限はありませんが、下記の例を参考にしてください。

例:ナビゲーション内臓アンプにて、フロント2WAYスピーカーシステム
内臓アンプ用として、energyboxfeel,verASUKAを開発しましたが、通常はASUKA1台で効果が体感できます。
ACPとの併用でさらに効果が高くなります。
しかし、近年はナビ機材の能力が高くなり、Point2に交換すると更に正確な低域の量感が得られ、情報量が大幅に増加することを確認しています。
内臓アンプで駆動する場合の検証結果としてはPoint2×2台までが最大限に効果を発揮できる限界です。
検証では信じられないような出音に驚愕する結果になりました。
外部アンプ等へのシステムアップ前に、ナビゲーションユニットの限界を試してみるのもお勧めです。

例:アンプ内蔵プロセッサーにて、フロント2WAYスピーカーシステム
上記と同様の効果を確認しました。
プロセッサーの調整機能がより正確で確実に動いているという印象です。
ポイント2×1台でも十分な効果が得られましたが、Point2×2台の場合は、スピーカーの制動力とアンプの駆動力が大きくなっていることがわかりやすい程の体感効果です。
ACPとの併用でさらに効果が高くなります。

Q.03
バッテリーからキャパシタの間と、キャパシタからアンプの間には、ヒューズを入れた方が良いですか?

バッテリーから電源ケーブルを引く場合は安全の為、バッテリー付近に必ずヒューズホルダーを設置してください。 万が一のショート時に機材を守るために、機材の手前にもヒューズブロックを設置する方法が一般的です。すでに機材にヒューズが装着されているアンプの場合で、安全上問題のないワイヤリングができていれば新たに設置する必要はありません。

接続について

Q.04
現在使用している他メーカーのキャパシタと併用できますか?

併用することができます。 しかし、並列接続の場合はインピーダンスの低いキャパシタ(feelシリーズ)に優先的に充電されるので、時間の経過と共に他社様のキャパシタは抵抗体になると考えられます。

Q.05
どのような電源ケーブルで接続すると効果的ですか?

バッテリーからキャパシタを繋ぐケーブルは、機材の要求するアンペア数を確保できる太さにしてください。 キャパシタから機材を繋ぐケーブルは芯材同士が固く締まり、隙間の少ないケーブルが理想的です。
理由は、配線同士の隙間があると流れる電流を打ち消しあう力が働くので、キャパシタから機材に流れる電流量が少なくなるからです。

Q.06
マイナス側をボディーアースに落とすのと、バッテリーに戻すのはどちらが良いですか?

プラスとマイナスの全ての配線をバッテリーからダイレクトに配線することが最適であると考えます。 しかし、一般的な施工方法よりも手間と時間を要しますので、料金は高額になることが多いです。
車のボディーアースに落とす場合には、車のボディが無限に大きなコイルになると考えられます。
巨大なコイルになるということは、とても大きなインダクタンスとなり、機材が欲する電流に到達するまでに時間差が生じて音の鮮度や情報量が極端に落ちることになります。
電気はプラスとマイナスを同じ条件で流すということが正しく理想的です。
ボディーアースの場合、マイナスの抵抗値(インピーダンスであるためテスターで測ることができません)がプラスよりも高くなるので、プラスとマイナスの電気の流れ方に大きな違いが生じます。
電流のロスが発生し、正しく流れない要因になります。

バッテリーからプラスとマイナスを取ることのメリットは、+-のインピーダンスが同じになり各機材の動作の変動が一番少ない状態にすることができることです。
しかし、この接続方法では、ノイズが発生すると言われてきました。
プラスとマイナスを平行に引いた場合には床から放出されている磁界の中に身防備な状態で配線を這わせている状態になるのでノイズが出る可能性が高くなります。
磁界からの影響を極力受けないような工夫や、電流を流れにくくする力を抑えるためにプラス線とマイナス線を捩る(よじる)必要があります。
プラスとマイナスの配線を捩ると危険と思う方もいらっしゃいますが、家庭用の高周波を扱う電源線や車両の電源配線も、もともと捩られています。
捩る行為自体が安全や危険ということではなく、捩っても安全な配線を選び、安全な施工ができれば全く問題はありません。
初めて実践された販売店様方からは、あまりの音の変化から驚きのお電話を頂くことが多くなっています。
ぜひ、お試しください。

Q.07
junction stabilizerは、機材に対して1台ずつの取り付けが理想のようですが、複数の機材に対して分配すると効果がなくなりますか?

機材の中で発生するノイズを外部に引き出すという考え方で設計されていますので、分配すると他機材同士でノイズ成分が混ざり合うことになり、効果が半減します。
feelシリーズのキャパシタと併用した際には、引き出したノイズをキャパシタのマイナス側に吸収させる接続を行うことで、電力ノイズとして効果的に再利用することができます。
ナビゲーションの場合はACCに入力する手前で接続してください。プロセッサー・アンプ等の場合は、REMOTEに入力する手前で、junction stabilizerのプラス端子を確実に通過させるようにしてください。
全ての周波数帯域に効果がありますが、中域から高域にかけて悪影響を与えているノイズの強力な吸収を最も得意としています。 ユーザー様の間では、ACP+feelシリーズキャパシタ(Point2またはASUKA)+junction stabilizerのセットでご利用される方が多いです。
また、マイナス側のケーブルは8ゲージを推奨していますが、芯材が固い16ゲージのケーブルも追加すると、より幅広い周波数のノイズを引き出しますのでお試しください。

キャパシタについて

Q.08
キャパシタに最適な充電方法を教えてください。

充電方法をご紹介している動画をご覧ください。 https://www.third-technology.com/movie/

Q.09
ウーファー用のアンプに取り付けたいですが、feelシリーズのキャパシタは100kHz以下の周波数には効果がありますか?

低音の量感が欲しい場合はキャパシタの容量が大きい方が有利です。 energyboxfeel.2の設計は量ではなく、アンプ内のスイッチング電源を正しく動かすことが目的であり、ウーファー用のアンプの駆動力を引き出す効果を発揮できます。
ただし、出音の傾向は低音の量ではなく生楽器の正しい音を再現する方向へ近づきます。

Q.10
キャパシタを取り外した際の保管方法を教えてください。

システムから取り外したキャパシタは、そのままにしておくと放電します。 電気が溜まっている状態のキャパシタに、付属の抵抗等を接続して急激に放電させるのは避けてください。
安全な場所で自然放電させてから、そのまま保管されることが、キャパシタを良好に保つお勧めの方法です。
何年間も使用しないままで、充電しない状態は避けてください。

効果について

Q.11
純正ナビにキャパシタを取り付けても効果がありますか?

たいへん大きな効果が期待できます。 純正ナビや社外ナビに関係なく、機材を動作させる為に必要なのは「余裕のある電力」です。
しかし、純正の細い配線では瞬間的に大きな電力を補うことができない為、バッテリーからの電力をあらかじめPoint2にためることで、音楽信号の大きな変化により瞬間的に電力が必要な時に瞬時に補うことができるようになります。
非力な内臓アンプでも機材の中の部品が要求している周波数の電力を補うことができ、見違えるほど高音質になります。
機材が電力を要求した時に、瞬間的に電力を供給できるスピード力が他社製品との大きな違いです。

Q.12
ディスプレイオーディオに取り付けても効果がありますか?

たいへん大きな効果が期待できます。 ディスプレイにタッチした際の反応が良くなり、画質も鮮やかになります。
ディスプレイオーディオを動作させる為に必要なのは「余裕のある電力」です。
純正の細い配線では瞬間的に電力を補うことができないので、バッテリーからの電力をあらかじめfeelシリーズキャパシタに溜めることで、音楽信号の大きな変化により瞬間的に電気を補うことができます。
非力な内臓アンプであっても、機材の中の部品が要求する周波数の電力を補うと、見違えるほど高音質になります。
機材が、電力を要求した時に瞬間的に電力を供給できるスピード力が他社製品との大きな違いです。

Q.13
ナビの内臓アンプで鳴らすシステムでも効果がありますか?

たいへん大きな効果が期待できます。 純正ナビや社外ナビに関係なく、機材を動作させる為に必要なのは「余裕のある電力」です。
純正の細い配線では瞬間的に大きな電力を補うことができない為、バッテリーからの電力をあらかじめPoint2にためることで、音楽信号の大きな変化により瞬間的に電気を補うことができます。
非力な内臓アンプであっても、機材の中の部品が要求している周波数の電力を補うことができると、見違えるほど高音質になります。
機材が、電力を要求した時に瞬間的に電力を供給できるスピード力が他社製品との大きな違いです。

Q.14
プロセッサーに取り付けても効果がありますか?

たいへん大きな効果が期待できます。 一番大きな違いは、電力が安定することでイコライザーやタイムアライメント等を必要以上に調整が不要になります。
調整が少なくなる方が、音の鮮度が上がります。
よって、今まで聴こえなかった音が聴こえてくるようになる等、情報量が大幅に増える効果を体感できます。

Q.15
古いアンプにも効果がありますか?

内部のコンデンサ等が使用できないほどに劣化していないかぎりは、効果を体感できます。 弊社の検証では、回路設計や内部コンデンサの性能が進化している近年のアンプの方が、より効果的であることを確認しています。

Q.16
ACPを取り付けてから音が安定しなくなりました。
考えられる要因を教えてください。

ACPはキャパシタ内部のコンデンサの活性化が目的であり、キャパシタ取り付け時に音の変化を体感できるまでにかかるエージング時間と同等の時間が必要です。
ACPの取り付け後は、今までよりもキャパシタに電気が吸い取られる現象(キャパシタの容量が大きくなろうとする為、電力不足を起こした状態)になります。
よって、音がスピーカーに張り付いた感じに聴こえる状態が、40~60分前後続きます。
その後、少しずつ張り付きが取れて音が上がりピントが合い始めますが、高域がうるさい(トゥイーターがうるさい)、低域がダブつく現象(締まりのない緩い低音)が起こります。
これはキャパシタ内部のコンデンサと、機材に流れていく電流のバランスが良くなったことを表します。
キャパシタが機材に電流を流せるくらいに満タンになってきたということになります。

高域がうるさく感じるのは、高い周波数の電力を機材へ送れていない状態であり、低域がゆるく感じるのは機材内部のコンデンサの容量が完全に回復していないからです。
音が整ってから、初めて中域の厚みや分解能が体感できます。
この経過する時間は、機材内部のコンデンサやキャパシタの劣化具合により違いますが、オーディオを鳴らしている状態でカウントすると30~40時間が目安です。

feelシリーズキャパシタは、ノイズを取り除き歪ませないようにして電力を送りますが、限界もあります。
能力を超える悪い電気がキャパシタに入ってしまう電源システムを構成したり、電源ケーブルの選択方法が正しくないとキャパシタの能力が発揮されません。
キャパシタと機材を繋ぐケーブルの質(芯材の構造等)が、好ましくない組み合わせの場合でも同様に能力を発揮できなくなりますのでケーブルの選択はとても重要です。

Point2にACPを追加する場合と、ASUKAにACPを追加する場合では、コンデンサの容量の関係でASUKAの方がエージングが早く終了します。
短時間のエージングで聴き比べると、最初はASUKAと組み合わせた方が良く聴こえます。
しかし、エージング終了後の活性化されたPoint2の出音の方が圧倒的に勝りますので、ご安心ください。

製品について

Q.17
キャパシタの製品寿命はどのくらいですか?

パーツの個体としては気温20度で5000時間の耐久性をもっています。 新品の性能を維持できる目安が5000時間であり、その後に壊れてしまったり充電ができなくなるわけではありません。
脈流が完全に取り除かれるような電源パーツを併用した場合には、性能寿命が短くなります。

電源安定器の出力側に使用される場合は、オーディオの電源がOFFの時にキャパシタが空にならないようにリレーを使用して対策してください。

対策をしない場合、キャパシタの性能寿命が短くなります。