ピアノ楽曲を聴き比べる。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ついに札幌市内も雪が積り始め、冬の始まりです。

 

さて、最近は問い合わせの件数が増えております。

質問される層は、ユーザー様から販売店様へと広がってきました。

 

内容は ”車の電源” と ”Car Audioを動作させる為の車の電源環境” についてがほとんどです。

電圧が低く強大なアンペア数が要求される電源環境に、とても苦労されているようです。

 

車の電気は、とても特殊な性質を持ち合わせており厄介なのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

視聴室では、やっと納得できるピアノの音が聴こえ始めました。

 

YAMAHA、Steinway & Sons、Grotrian  の各メーカーで録音されたピアノ楽曲の聴き比べを行いました。

 

その場で私を悩ませたのは、グレン・グールド(1932~1982)の「ゴルトベルク変奏曲」でした。

なぜかというと、この演奏についての解説本には「1955年録音盤はSteinwayを使用して演奏しています。」

「1981年録音盤はYAMAHAを使用して演奏しています。」と書かれています。

 

 

しかし、試聴したアルバムには ”リ・マスター盤” とは書かれてはいますが演奏の年月日は記載されていなく、

どこのメーカーのどのピアノを使用して演奏されているのかまではわかりませんでした。

 

私の頭の中では『SteinwayかYAMAHAなのか?』で統一されています。

 

しかし、出音はなぜか「チェンバロ?または小型のグランド・ピアノ?」の大きさの響きとサイズに感じられます。

「もしかして第三のピアノ・・・チッカリングでは?」と、勝手に想像を掻き立てられてしまうのですが、

もしかしたら私の認識不足かも知れません。

低域のレンジ不足と中低域のふくよかさが足りなく感じた部分もありますので、改善を進めながらこのアルバムの詳細をゆっくりと調べたいと思います。

https://piano.black/piano-maker/chickering.html

 

 

 

更に試聴は続き、Shostakovich 作曲 の交響曲も、とてもダイナミックで壮大な演奏を奏でてくれて、とても満足度の高い時間を過ごしました。

 

やはり、より正確に再生され始めた音楽情報は・・・・・

 

人も楽器も定位も・・・ホールの壁の材質やホールの広さ、その会場を流れる空気の全てを一変させてしまう力を持っています』

 

これでやっと、スタートラインからプラス側に歩み始めることができます。