ACPで別次元の音へ

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

昨日、カーオーディオを共通の趣味としている古くからの友人より連絡がありました。

友人は弊社の製品を数多く愛用してくださっている、とてもありがたいユーザー様の一人でもあります。

誤解を招かないために最初に申し上げておきますが、製品の購入から取り付けまでは、信頼されている販売店様で行っている方です。

 

それでは、新製品ACPを装着してエージングをしながら効果を体感できているという内容を含んだユーザー様の生の声をお伝えしていきます。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

電話での第一声は・・・・『ついに、別の次元があらわれた!』との、喜びの声から始まりました。

この日記をご覧いただいているACPユーザー様の中には、そろそろエージングが終了して、『別次元の音』を体感されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

しかし、彼が言う『別次元の音』とは、私との会話によって少しずつ打ち砕かれてしまいます…。

 

彼が、愛車のオーディオシステムにACPを取り付けたのは、新年の1月10日頃とのことです。
ACP取り付け時から昨日までの間には、1週間ほど車を点検整備に出していたようなのですが、整備から戻ってきた愛車の音が、以前とはまるで違う次元の音になっていると言うのです。

 

友人:「いやいや驚いたよ!凄いなACPって!楽器の余韻やホールの残響音がもの凄く聴こえるよ!・・・いやぁ~、これは凄い!満足したよ。」
・・・・・電話の向こう側では、笑顔が溢れているように感じて嬉しくなります。

 

私と友人との間では、互いの出音を競い高め合う為に、リファレンス的なアルバムを共有しています。

実は ”ギタールネッサンス” と言うアルバムもその中の一枚です。

しかし、私の中では彼が報告してくれる「楽器の響き」や「ホールの残響音」、『空気が見えるようだ!』という言葉から、なぜか少し違和感を感じ始めました。

本当は、止まらないといけないはずの音が止まり切れていない、それを音の余韻と感じているかもしれない…。

 

そこで私は、抱いていた疑問を彼にぶつけてみるのでした。

私:『音が、しっかり止まってる?』

彼の頭の中は「????」で、いっぱいのようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私:『今、聴いているアルバムは、ギター1本だよね。じゃ、ギターとウッド・ベースの楽器が二本の楽曲があったとするね。同時に弾いたらどうなる?』

友人:「そりゃ、ウッド・ベースの方が速く音が止まるし、楽器自体の胴鳴りも短いよね。」

私:『じゃあ、ギターの演奏で瞬間的に音を止めると言うテクニックが録音されているのに、止まって聴こえていないのは変だよね?』

友人:「そりゃそうだ。」

私:『きっと、そのギターの音は、まだまだ止まっていないような気がするよ。』

 

今の別の次元と感じている音は、”聴こえていなかった音が聴こえてきた!” という次元の音ではあるようなのですが、私の目指している音の世界の次元にはたどり着いていません。

その理由は、まだまだ解決しなければならない別の問題点が存在する為です。

しかし、確実に体感できている大きな変化から、満足感は得られているようです。

ご報告をいただいた効果から予想すると、ACPをfeel キャパシターに取り付けしたことで、『機材が再生する音楽情報を邪魔していた何かが取り除かれた?』または『機材の動作が強化された?』どちらなのか?それとも両方に効果的に作用しているのか?

いずれにしても、『音楽信号と電源には大きな関係性がある』ということには、気がついていただけたようです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の話をした内容に納得した彼は、恐る恐る

・・・・「まだ先があるのかい?」と。

 

私は『あるに決まっているでしょ。次は、音を止めるよ!』
『そして楽器の音や声の元となる”基音”を出すよ。』
『基音が出ていないのに、正しい倍音はあり得ないものね。』

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

energybox feel ACPユーザーの皆様へ。

 

『ACPを取り付け後の音の変化は落ち着いてきましたか?』

 

『時間の経過と共に失ってしまった感激や、音楽と共にドライブしたいという気持ちは、蘇えりましたか?』

『えっ!・・・まだ、足りないですか!!』

 

しかし、『ご安心ください。』

 

ACPは…

『Third Technologyが考えるカーオーディオの新常識』を実現させる為に必要です。

『カーオーディオの未来を変える』ことに必ず貢献できると思います