秘密の検証?が終わりました。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

新型コロナウイルスが猛威をふるう中、弊社でも各自で対策できることをしっかりと行っております。

私たちの生活が、少しでも早く平穏な生活に戻れることを願う毎日です。

 

ブログを更新できない間には…

秘密の検証に時間を費やしていました。

ACPが開発できたことがきっかけとなり、またまた新たな発見をしてしまいました。

過去に試した際に、技術提供するほどの効果ではないと思っていました手法の一つですが、ACPが追加されたシステムの場合に大変大きな効果となって表れる手法であることがわかりました。

今後のカーオーディオのワイヤリングにも影響力のある手法になりそうです。

 

さて、本日はお問い合わせの中からこちらをご紹介いたします。

Q:『feelシリーズのキャパシタは、ナビ・プロセッサー・アンプを含む機材に対して何台まで取り付けることができますか?』

A:取り付ける台数に制限はありませんが、下記の例を参考にしてください。

例:ナビゲーション内臓アンプにて、フロント2WAYスピーカーシステム

内臓アンプ用として、energyboxfeel,verASUKAを開発しましたが、通常はASUKA1台で効果が体感できます。
しかし、近年は思っている以上にナビ機材の能力が高くなってきており、Point2に交換すると、より正確な低域の量感が得られ、情報量が大幅に増加する結果となりました。
内臓アンプで駆動する場合の検証結果としてはPoint2×2台までは最大限の効果が発揮できることを確認しています。
信じられないような出音に驚愕することになると思います。
外部アンプ等へのシステムアップ前に、ナビゲーションユニットの限界を試してみるのも面白いと思います。

例:アンプ内蔵プロセッサーにて、フロント2WAYスピーカーシステム
上記と同様の効果を確認しました。
プロセッサーの調整機能がより正確で確実に動いているという印象です。
ポイント2×1台でも十分な効果が得られましたが、Point2×2台の場合は、スピーカーの制動力とアンプの駆動力が大きくなっていることがわかりやすい程の体感効果です。

一般的には、外部アンプ等の場合には、機材に対してASUKAまたはPoint2を1台ずつ使用されるところからスタートされると思います。

しかし、もともとの機材のポテンシャルが高い場合には複数個装着していくにつれて、想像を超えるほどの音質変化となるようです。

販売店様方からは、『カーオーディオの音じゃないよね!』と驚きのお声を頂くことが増えてきました。

 

今わかっていることは、高級な機材ほどに複数個装着の効果がさらに高くなるということです。

キャパシタの数が増えたことにより、静電容量が増えているという理由で音が変化していると考えるのはもちろんなのですが…

実はそれだけが理由ではなく、energyboxシリーズ独自の技術的要素が相当に効果的のようです。(詳しくはお伝えできない内容でスミマセン)

よって、どんなキャパシタでも数をつけると良いわけではございません。

 

弊社のキャパシタはお値段もお安くない為、複数個装着することは簡単ではないかもしれません。

しかし、製品寿命が他社様よりも長いというのも特徴の一つであり、数年で無駄になることはありません。

キャパシタとしての性能の持続性においても自信をもってお勧めできるものと思っています。

ぜひ、お試しください。