サウンドミートイン東日本2020 いわきステージを終えて。

 

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

先日のサウンドミートイン東日本2020へご参加いただきました皆様、大変お世話になりました。

本日は、エナジーボックスコースの審査時に感じたことをお伝えいたします。

 

当日の審査は2Wayコースからのスタートでした。

昨年も参加されていたお車から聴かせていただきましたが…驚いてしまいました!

前回よりも、とてもクオリティの高い音を奏でています。

一台目からのこのクオリティに、心の中では審査への焦りと楽しみが湧きあがる不思議な感覚です。

 

続いての3Wayコースでも1台目から物凄い音を奏でています!。

昨年であれば、上位入賞間違いなしのクオリティです。

しかも、自作のユーザー様です。

『このレベルの音をあと何台聴かなければならないのでしょう?』

・・・・審査を開始したばかりだと言うのに、この時すでに心がくじけそうになっていたことを思い出します。

レベルが高い車が集中している中で順位を決めなければならない時ほど辛いことはありません。

本当に…本当に…どの車も凄いのです!

 

そして、ACPを発売後のイベント審査では最初だということを思い出したのでした。

しかし、オーナー様方に試聴後の感想をお話ししましたが、課題もございます。

ぜひ、次回もエナジーボックスコースへご参加いただき課題を克服したお車が増えていくことを楽しみにしております。

 

最後に、今回優勝車両のLEGACYについて、書かせていただきます。

前々回の弊社コースでの優勝車両です。(前回は不参加でした)

 

当時の記憶ですが、オーナー様には下記のようにコメントさせていただきました。

『低音(70Hz~100Hz)の量が多すぎます』(ブーミーなドア・スピーカーからの中低音)

『低域側(サブ・ウーファー)のレンジが狭い』(基音も倍音も出ていない)

優勝車両に対してですが辛口のコメントをしました。

問題点をEQだけで解決しようとすると、情報量が極端に少なくなりますからお店様と相談しながら確実な手法で進めてくださいとお伝えしたように思います。

 

さて、今回のお話です。

LEGACYの試聴のタイミングは、審査途中の中盤に巡ってきました。

私は音を一聴して、『この車の点数を今は付けずにいよう』と決め、すぐさま車から降りる事にしました。

 

私に審査コメントを求めるために長時間お待ちいただいていたオーナー様には、『今は点数をつけることは出来ませんので、最後にもう一度聴かせていただきます』と、申し上げました。

お待ちいただいていたオーナー様は・・・・「えっ!?」と一言。

その短い一言には前々回のコメントの通りに改善してきたオーナー様にとっては、私への不信感を抱くことになりかねませんが仕方がありません。

 

私の心の中では『あんな音の車が他にもあるのだろうか?』

・・・あの音を超える音を出されてしまったら、簡単に満点を超えてしまいます。

 

さて、今回の優勝車両LEGACYの音を言葉で表現しますと、私がカーオーディオで初めて聴いた『極上のヨーロピアン・サウンド』です。

 

この音を私の経験した家庭用のオーディオシステムで例えてみると、KEFのLS3/5aを上質な真空管アンプで駆動させているかのような肌触りと緻密さが感じられました。

https://audio-heritage.jp/KEF/speaker/ls3_5asignature.html

 

車内である狭い空間やガラスの反射という存在は気になりません。

感じられるものは、『フロントガラス越しに映る、肌触りがやわらかく、緻密な定位感と絵画のように感じてしまう立体感』

そして・・・『空気の流れを纏った(まとった)、極上の音楽』

 

音を絵や写真に例えるものではないかもしれませんが、私流に音の立体感について絵で表現すると『薄目のタッチであるはずなのに、油絵のように見えてしまう

楽器に纏わり(まとわり)つき、蠢く(うごめく)空気感の表現方法は思いつきませんでしたが、表現力のあるお車が弊社コースにも現れ始めたということです。

 

定位は確かに少しフワッとした柔らかさを持っており、現在のコンテストでの主流であるカチッとしたものとは少し違うのかもしれませんが、

空気の動きを纏った(まとった)自然な定位は、車の域を超えてしまったかのように感じられました。

 

今回の弊社コースに参加されたオーナー様の中の多くが”Twに大きく頼り定位感を出す” 手法を用いて苦労されていたように見受けられました。

 

このLEGACYと他車との違いは、中低域の圧倒的な情報量と分解能の高さ、そして機材の持つ制動力を活かした鳴り方で定位・奥行き・立体感を構築しており、出音の世界観が決められていたような気がいたします。

 

次回は、このような機材の違いによる世界観を持ったお車が数多く現れてくるとしたら、順位付けができるのでしょうか?

 

ブログを書きながら考えているだけでも恐ろしくなってしまいました。

 

でも、すごくワクワクしてきます!

 

この度のサウンドミートでは、たくさんの方にお声がけいただき、応援のお言葉まで頂いてしまいました。

 

この場を借りて、改めてお礼申し上げます。