カーオーディオのエージングに左右される?!

 

 

カーオーディオやホームオーディオの世界では、『エージング(エイジング)』という言葉が使われます。

ウィキペディアでは…
『電気回路は、実際に通電による負荷を与える事でエイジングされる』と記載されていましたが、業界でも一般的な言葉です。

それではカーオーディオでは、エージングと呼ぶ場合はどのような時でしょうか?

 

私は、オーディオの音が落ち着くまでの時間を『エージング』と呼んでいます。

オーディオショップ様で、新しくアンプやプロセッサー、スピーカーを交換すると…
『機材のエージングで音が変わるので、落ち着いたら後日調整しましょう!』と伝えられることが一般的です。

長時間かけて新品のスピーカーを鳴らすと音が良くなっていくこともエージングと呼ばれており、
電源ケーブルやスピーカーケーブル等にもエージング期間があると言われています。

 

さて、弊社の製品にも同様にエージング期間が存在します。

キャパシタであるPint2を例にすると、内部コンデンサのエージングにより製品性能が変わります。

どちらかというと『エージングで性能が大きく変わる!』と言えます。

それは、Point2の先につながるアンプ機材等の能力もPoint2のエージングにより能力が変わるということです。

開発時に使用部品の性質を良く理解していますので、弊社の製品は全て専用の電源器にて必要な時間だけ通電を行いベストな状態を確認してから出荷します。

初めてお話しますが専用の電源器で何段階にも分けてエージングを行っています。
こんなに手間をかけられるのは、小さいメーカーの特権であるとポジティブに解釈しています。

大手メーカー様でこのようなエージング作業をして出荷を行っていたら大変過ぎて非現実的です。

弊社としましては、製造後にエージングをしないですぐに出荷できることが本当は理想的です。

しかし、Point2に使用するコンデンサの製品性能がエージング前と後で大きく違うことから、より安定し最適な状態でお客様にご使用いただきたく、製造から出荷までに時間をかける工程を選択しました。

『お客様に最高の状態で製品性能を体感していただきたいという私たちの想いは、エージング時間の大きさにも比例していると思います。』

 

高級オーディオメーカーのアンプは、〇〇〇時間はエージングに時間がかかるとメーカーでアナウンスをしているものもあるほどです。

その期間は、本来の性能が発揮できないのでご理解くださいと伝えているのです。

オーディオ機材の価格に関係なく、コンデンサを含めて電気が流れる部品が入っているすべてのアンプ等の機材は、必ずエージング時間が必要であり、その間は本来の性能ではないということです。

社外アンプがついていなくても、純正のオーディオシステムでも同じことが言えます。

 

エージングを終えたキャパシタPoint2を車に取り付けると、アンプ機材等の新たなエージングも同時にはじまるため、システム全体のエージング時間はさらに長時間に及びます。

Point2からの電気を受けると、アンプ内部のコンデンサは発揮できていなかった能力が引き出せるようになります。

そして、アンプの性能自体が引き上げられることになります。

 

その過程で、少々問題になることがあります…

Point2をつけてエージングが始まると、音が歪むことがあるのです。

その時のアンプ側コンデンサの状態に大きく左右されるため、様々なケースが考えられます。

よって音がどうなるかまでは言い切れませんが、劣化していたコンデンサーの充放電が活発になり、電気を溜める容量が回復することは事実です。

エージングが終わると、機材本来の性能を体感できるようになりますので、その間は我慢していただく時間が必要になります。
(※バッテリーにbasisBT/BT+が装着されているとベストです)

 

Point2をエージングしないで取り付けた場合、数百時間以上の差が生まれますので、車を使用する時間が短い人は何カ月もエージングが終わらないことになります。

スピーカーやアンプ、プロセッサーからケーブルまで交換した場合、全てのエージングが行われていることになります。
取り付け直後に、最初から音の調整を完成させることは困難ですから、機材のエージングが落ち着いてから調整されることをお勧めいたします。

 

カーオーディオのエージングは、純正や社外のオーディオに限定することなく、全てのオーディオシステムで行われていることです。

すでにエージングを終えたオーディオ機材であっても、弊社の製品と併用すると新たな能力が引き出されるまでのエージング時間が必要になるということです。

弊社製品をご使用くださるユーザー様と販売店様にご理解いただけますと幸いです。