『札幌の街角にも音楽が生まれ始めました。』

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

先日、人込みとの距離を保ちながら散歩コースとして札幌の市街地へと足を延ばしました。

 

札幌のシンボルの一つでもある大通り公園へとさしかかると、心地よいJAZZのメロディーが聴こえてきました。

耳を澄ますと、私の大好きな生演奏です!

さっそく音の聴こえる方へ向かうと大学生らしい5人編成のグループが心地よいリズムを刻みJAZZを演奏しています。

 

観客のみなさんは、ソーシャル・ディスタンスをしっかりと保ちながら遠巻きに演奏を楽しんでいます。

 

演奏を楽しみながらメンバーの足元を見ると、大きなトランクの口が開いています。

 

どうやらこの演奏は ”投げ銭Live” のようです!

 

粗削りな演奏ですが・・・屋外で聴く生演奏ほど心躍る音楽はありません。

演奏を聴いているうちにワクワクしている自分に気が付きます。

 

そして2曲目・・・

聴きなれたリズムが刻まれ始めたので身をゆだねます。

 

演奏された曲は、Jaco Pastorius の名曲 ”The Chicken” 

 

今日のLIVEの演奏スタイルは下記の動画を参考にしているかのように感じられました。

Bassソロのアドリブでは、ジミ-ヘンドリクスを彷彿させるような ”歯でベースを弾きまくる荒業”も披露してくれました。

 

Live演奏を思いかえしてみると、今のこの時代を”音楽の力で跳ね除けよう”としている若者の力を感じさせてくれた路上LIVEだったように感じます。

 

『来年は、札幌の街にもっと、もっと沢山の音楽が溢れてほしいものですね。』

 

音楽を楽しめる環境造りのために、私には何が出来るのかを今一度考えてみたいと思います。