『中国発、ベルリン経由のTechno Pop』に刺激される。

 

札幌市内は、40年振りに雪が少ないと言われる新年を迎えました。

新年最初の日曜日に、いつも立ち寄るCDショップへと足を運びました。

 

欲しいCDがあった訳ではないのですが

・・・・・『五感を刺激してくれる音楽を欲していることは、事実なのです。』

 

そして1枚のCDが目に留まりました。

・・・・・・『中国発、ベルリン経由?』そして、『Techno Pop』と帯に書かれています。

その興味深い言葉に引かれて、CDを手に取り眺めて見ると

『アレンジャー。・・・・石野卓球!!』と、書かれています。

 

「中国発、ベルリン経由、Techno Pop、石野卓球」・・・・

私に取っては未知の音楽ですが、四つの言葉が絡み合い、謎めいた暗号のように感じられて…

五感への刺激がMaxに達した瞬間に思わず衝動買いです。

 

試聴室では、昨日から最後の試作品が出音の土台となる電源を支え始めています。

Point2、ASUKA、junctionstabilizer、新製品 energyboxfeel ACPが接続されていますが

複数の試作品も検証を兼ねて接続された電源環境です。

 

そして試作品を数種類交換しながら、試聴を繰り返します。

 

ギタールネッサンスは、『弦の直接音、ボディーからの間接音、そして直接音と間接音が入り混じり、空間に解き放たれていく残響音』が見事に再現されています。

しかし、やはり最後の試作品が支える電源は、出音も格別です。

他の試作品とは『音の密度と分解能、中低音のクリアーさ』が違います。

ギタールネッサンスについてのブログはこちら↓

https://www.third-technology.com/blog/acpユーザー様と共有したい音とは。/

 

次に、購入してきたばかりの『中国発、ベルリン経由のTechno Pop』を聴いてみます。

電源環境の土台を支えているのは『最後の試作品!』です。

これで、今の段階で弊社が考える最強の布陣が出揃いました

・・・・新年とは言え、とても贅沢な環境です。

 

おかげさまで、強烈に五感を刺激されたうえに、クラシックからJAZZ、演歌、J-Pop、そして初となるTechno Popまで、見えるかのように感じてしまいました。

 

しかし、『Techno Popと言うジャンルの音楽は、曲の魅力もさることながら、物凄い録音と空間を自由自在に操る技術』に、恐れ入りました。

 

http://www.stolen.jp/