energyboxコースの音質審査を終えて。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

10月31日にSound Meet in東日本2021 いわきステージに参加させていただきました。

私は今回も大変恐縮ながら弊社のenergyboxコースにて音質審査を担当しました。

なんと弊社2WAY・3WAYコース合計で20台のエントリーです!

おかげさまで審査時間が足りなく、気がつくとあっという間の一日でした。

エントリーいただきました皆様に、あらためてお礼申し上げます。

 

昨年は、弊社コース終了後に『TWに頼った定位と音造りの改善』と『高域(TW)の歪の改善』を提案させていただきました。

参加されたほとんどの方に素晴らしい改善が見られ、とてもS/Nの高い音楽を奏でられていたことに大変感激しました。

basisBT/BT+を発売してから初めてのイベントでしたが、試聴するかぎりでは相当に効果が発揮されているようです!

 

今回の弊社課題曲では低音に的をしぼり、『低音のレンジの広さと解像度の高い再現性』を審査項目としました。

予想はしていましたが難しかったようで、今回の審査基準を満たしているお車がほとんどいなかったことが少々残念です。

唯一、2Wayコースで優勝されたインプレッサ・スポーツのオーナー様の低音だけが印象に残りましたが、私の満足する基準には残念ながらとどきませんでした。

実はエントリー車のほとんどの音に、『ある帯域から下の低域がスパッと急に無くなってしまう不自然さ』を感じました。

 

今回の皆様の出音を試聴して私なりに考えたこと。

『低域を適正なレンジと量感を得る事で、中高域の音が搔き消される事を嫌ったのでは?』

みなさま、いかがでしょう?

 

低音を適正な調整値にすると中高域の音に聴こえない部分がでてしまう理由は

『低音の音質自体が全くクリアーではない。』 

『コーン紙の制動が正常ではないために余計な音まで再生している。』

その原因はいろいろと考えられるので、本気で解決しようとすると大変です。

 

審査にあたり弊社課題曲の他にイベント課題曲『歌よ』もあわせて試聴させていただきました。

この楽曲を再生すると皆様とても美しい音で奏でられています。

しっかりとした低音が土台に構築されていると、『歌よ』では今よりもさらにダイナミックな曲調や感情あふれる歌唱で表現できたのでは?と感じています。

 

ぜひ次回イベントまでに低音の再生、再現性に全ての力を注いでいただければと思います。

音楽の表情そのもの』から変えていただけることに期待しております。

 

下記のコースで優勝したオーナー様、おめでとうございます!!

 

■energybox 2WAYコース優勝-SUBARU インプレッサスポーツ

オーナー U 様

製作ショップ POINT UP

 

■energybox  3WAYコース優勝-SUBARU レヴォーグ

オーナー O 様

製作ショップ SOUND WAKUI

 

Third TechnologyのブースはTOYOTAカムリハイブリッド↓

クリアーで量感のある低音を目指しました。

まだまだ進化する予定です!!

ご試聴いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

 

イベントの主催関係者さま、

お声がけいただきましたお客さま、

この度は大変お世話になり、誠にありがとうございました。

 

 

◇◇ご購入いただいたお客様にレビューのお願い◇◇

車種、電源環境(バッテリーの性能/アース環境)によって、効果が体感できるまでに時間がかかるのが弊社の製品の特徴です。

エージング時間は1~3か月ほどかかることもございますが、体感できた際には率直な感想を教えてください。

レビュー投稿は短い文章でも大歓迎です。

喜んでいただけるお客様のレビューが弊社スタッフ一同の励みになります。

何卒宜しくお願いいたします。