ALTEC A7を聴く。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

販売店様とユーザー様より、新製品ACPに対する評価をいただく機会が増えてまいりました。

ブログ等では、身に余るほどの高い評価をしてくださる方々も増えてきており、大変恐縮でございます。

この場を借りて、お礼申し上げます。

 

さて、先日のことですが私の気持ちをリフレッシュさせてくれる貴重な体験をしましたのでご紹介します。

 

それは知人の電話から始まりました。

 

知人:「ALTEC  A7を手に入れたい!」

…少し迷っているようです。

私:『今のデジタル音源の時代に、なぜ?!』

…と聞き返します。

そこから、話の内容と経過を聞いたうえで・・・・

私:『それは、手に入れるべきですね!』と、アドバイスをさせていただきました。

 

 

皆様は、『ALTEC A7』というスピーカーシステムをご存じですか?

40年前の話になりますが、当時の私が数年間通い詰めた喫茶店で出会ったとても思い出深いスピーカーです。

若かった私は、このスピーカーに「楽器の一音の立ち上がり方や音の消え際、音楽の瞬間」と言う概念を教えられたような気がしています。

 

とにかく大きくて、デザインが物凄く粗削りなスピーカーです。

 

知人に、このスピーカーを手に入れようとした経緯を聞いてみると

『プロのベーシストの方が、ベースギターの音の再現性に拘って、長年育てあげたスピーカー』らしいのです。

 

・・・・・そんな話を聞いてしまうと、私も興味がわかない筈がありません。

 

実はこのスピーカーは、「Voice of the Theatre」と言う呼び名が示すように、劇場用の大型スピーカーシステムです。

今風には、映画館のスクリーンの後ろに置かれているような映画館用のスピーカーです。

噂によると、このスピーカー2本で3000人収容できるホールの音をカバーすることが出来るとか…。

 

歴史は物凄く古いので、興味のある方は下のリンク先を覗いてみてください。

https://audio-heritage.jp/ALTEC/speaker/a7.html

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

実物を目にして

私:『しかし巨大!そして武骨なデザインだ!』

・・・・思わず、40年前を思い出し嬉しくなってしまいました。

 

さっそく軽く数曲聴かせていただきながら、許可を得てから簡単にセッティングです。

そして、思わず…

私:『このリアルな低音!一体何をやったら出るのだろう!私が知っているA7とは違う低音のような気がする!』

 

そして2時間を過ぎた頃に、先程の音がほんの序章に過ぎなかった事を強く思い知らされることになりました。

 

長年通電されることがなかったパーツ類に生気が蘇って来るにしたがって、音楽にリアルさがどんどん増して来ます。

『速い!明らかに生演奏を感じさせてくれる音の速さと量感です。そして音の消え際も生演奏を感じさせてくれます。』

 

ビートルズのポールマッカートニーさんが弾くバイオリン・ベースが、『こんな凄いテクニックで、こんなにも素晴らしい音を奏でていた』ということを初めて知りました。

 

JAZZ演奏では、ウッドベースの胴鳴りは膨らまずにレンジだけが見事に確保されます。

そして音の消えゆく様は、エンドピン(足)で楽器が浮いた状態である事を想像させてくれるところまできています。

 

『いったいスピーカーの箱の中には、どのような秘密が隠されているのだろう?』

・・・・・ますます興味が湧いてきます。

 

ここで、スモール・ボディーのアコースティック・ギターを弾く関西在住のミュージシャンの方の泣ける一曲をリクエストするという我がままをきいてもらいます。

 

このスピーカーの音を鳴らし始めてから、まだ3時間くらいにもかかわらず、このスモール・ボディー特有の胴鳴りです!

そして、私の心の中では…

『今まで聞いた、どの音よりも一番生を感じさせてくれるギターの音だ。』

『5弦、6弦が震え、弦の太さを感じさせながら、とてもクリアーな音を奏でている!』

『これは間違いなく、弦を弾く指を感じさせてくれる音に育つのだろうな。』

自然と、そう…つぶやいているのでした。

 

私も、この本物に近い音の反応の速さを追い求めて

『デジタル時代の現代が失ってしまった音楽の瞬間を蘇らせてみたい!』と強く思ってしまいました。

 

それでは、音楽でリフレッシュされた私の感覚を頼りにしながら『次なる新製品の開発』に励みたいと思います。