車の電源問題を解決する条件と方法

 

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

しばらく更新ができなく、その間ご心配をおかけし申し訳ございません。

 

現在の私は『車の環境では到達する事が不可能と考えられている領域』へ歩みを進め、苦慮する毎日を過ごしております。

しかしbasis BT/BT+の誕生と長年温め続けてきた数々の試作回路が、私をカーオーディオの未知の領域へ導いてくれています。

新しい情報をいち早くみなさまにご報告したいのですが、慎重にすすめなければならない内容であるために、軽率なブログも書けずに時間ばかりが経過してしまいました。

そんな私の近況も交えながら、少し長くなりますがお付き合いください。

 

カーオーディオの音を良くしたいと考える全ての方にお伝えしたい内容です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1.ACアダプターをいじり倒す

最近は趣味の一環でもあるACアダプターいじりを楽しんでいます。

私にとっての趣味に費やす時間は新たな発想力が芽生えることもある大切な時間です。

ACアダプターはAC100V入力のDC出力ですが、出力電圧も電流も発電方式も様々な物を選択。

これは『発電方式が決められている中で、どれだけ自身の意図する直流へコントロールできるのか』というもの。

1個数百円から、1万円ほどのACアダプター類を使用しますが、なかなか面白い遊びですっかり没頭してしまってます。

あえてACアダプター本体の電源品質が低いものを選び思い通りのコントロールを試みる!という遊び方。

よくよく考えると遊びの域を超えているでしょうかね?

 

ACアダプターを弊社基準の電源品質にするには、後付けの試作回路がどんどん複雑になり、たくさんのパーツで組みあげる必要があります。

最終的にACアダプター本体の数倍の大きさになってしまう事もあるほどです。

『たくさんのパーツで構成されるケースのサイズは笑えないほどの大きさです!』

『不思議なことにたくさんのパーツを使用して複雑になればなるほど感心する音が出せなくなります。』

皆さんの中にはサイズが大きくなるほど、たくさんのパーツを使用したほうが音が良くなると考えている方はいませんか?

この答えは、ブログを読み進めて確認してください。

 

それでは次に質の良いAC/DCコンバーターに交換です。

すると、今度は理屈通りに試作回路を組み上げただけであっという間に終わってしまいます。

『回路がシンプルだからでしょうか?なぜか複雑なものよりも相当に音が良くなるのです!』

やはり、ここでも電源回路はシンプルな方が『音が良くなる』という弊社の考え方は間違っていないことが証明されました。

 

『音が良くなる』という表現をTVの映像に例えると、アナログ放送とデジタル4K放送くらいの映像差とするのがわかりやすいと思います。

音のクリアーさとキメ細やかさは、この映像の再現性に比例します。

さらにTVの映像では ”色の表現(再現性)”を感じとることができます。

カーオーディオの場合は、”様々な色の表現”を担当するのが機材(アンプやプロセッサー等)やケーブル(電源/スピーカーケーブル)にあたります。

好みの音楽ジャンルの再現性を求めて、機材や配線を選択できるようになるとCarAudio がさらに楽しくなります。

TVの映像がコンセントの電源品質で良くなるように、カーオーディオもバッテリーの電源品質で音が良くなるところは共通しています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2.ACアダプターの電源品質と車の電源品質は似ている?

『ACアダプターを使ってバッテリーを充電する。』といった遊びをすることがあります。

通常は充電器を使用すると済むところですが、 あえてACアダプターでバッテリーを充電しようと試みるというもの。

そうして何度もトライを続けていると、驚くべきことに気がついたのです。

『車の電源品質とACアダプターの電源品質が似ている?』

これはACアダプターの電源品質がノーマルの状態では非常に悪く、車の電気のような品質であるというお話です。

時間をかけてオシロスコープの画面上では品質の悪さが露呈されることを確認できるのです。

私たちが、このような電源品質の中で

良い音だ! 悪い音だ! 走りが良い! 悪い!と車の中で一喜一憂させられていることに悔しい思いがしてくるのは私だけでしょうか?

 

ACアダプターのように歪んだ車の電源品質では、大元のバッテリー環境が悪いので、どんなに良い機材を導入しても、メーカーが意図した性能は発揮できないのがカーオーディオということです。

 

車の場合はバッテリーを新品に交換すると、電源問題が解決すると考えるのではないでしょうか?

ところが…

車に新品バッテリーを搭載すると、およそ2000キロ前後の走行でバッテリーの内部抵抗が完全に上がり、充放電性能が変化する性質をもっています。

簡単に説明すると、音も走りも最高に良い状態は最初の短い期間だけしか体感ができずに、その後は十分に電力を伝えられない性能で使い続けることになるのが車のバッテリーです。

※basisシリーズを装着車は、内部抵抗を新品時に近い状態まで引き戻す効果により、バッテリー寿命を迎えるまでの間は高い放電能力を維持します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

3.音の違いがわかる出音の再現へ

弊社試聴室では、レコーディング・スタジオやライブ・コンサート会場等で使われるプロの技術と方式を採用しています。

現在の試聴室のカーオーディオ機材の電源環境で、どの程度の音質改善が見られるかを日々検証しています。

 

”バランス伝送(接続)” と言う音楽信号の伝送方式があり、こちらは一般的なRCAケーブルとは違いキャノン端子で接続する方法をご存じでしょうか?

最近はヘッドホンを使用出来る機材の中でもバランス接続ができるタイプが増えてきました。

皆様は『ヘッドホン端子でバランス接続とアンバランス接続を差し替えて音質の変化をどの程度感じ取れるでしょうか?』

車に比べると、音質の変化がわかりやすいでしょうか?

 

CarAudio業界では過去にバランス接続方式のアダプターは発売されたことがありましたが、変化がわかりづらいという理由からあまり普及されなかったように記憶しています。

 

長い間、疑問に思っていましたが・・・

『音楽のプロが現場で用いている技術でも変化が感じられないほどCarAudioの技術レベルは高いのでしょうか?』

それとも・・・

『プロの現場で認められている正しい技術でさえも受け付けないほどに劣悪な何かがCarAudioには潜んでいるのでしょうか?』

 

なぜ、カーオーディオにだけ音楽のプロの技術が通用しないのでしょう?

そんな疑問の解決に向けて、電源品質を向上させる第一弾試作品を投入しました。

そうすると測定器の波形が変化し、スピーカーからの再生音が大きく変わり、明らかな音質向上を感じられるようになりました。

『これが先程書かせていただいたTVの4K画像に例えた出音です。』

・・・とても同じ楽曲とは思えません。

 

アナログ放送でも、想像力を膨らませる事ができる上級者の方でしたら「そこにいるように感じる!」と言い切れるレベルかもしれません。

しかし同じ映像を4K放送で見た時には『明らかに無駄な想像力を掻き立てなくても、自然とイメージ出来てしまう説得力』があります。

車という特殊な電源環境では、バッテリーの品質を改善する対策が必要不可欠であるということをお伝えしたいのです。

弊社が目指している目標は、出音に対して想像力を掻き立てる事を知らないCarAudio初心者の方でさえも

「これは凄い!車の中でこんな音で大好きな音楽を聴いてみたい!」

と思っていただけるような『音の違いがわかる出音』を再現することです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

4.劣悪な車の電源環境

自動車メーカー様や電装メーカー様が提案している最近の車のオーディオ用に与えられた電源環境は過酷すぎます。

車の動作力を優先した電源品質であり、カーオーディオの音質を追求したいと考える私たちにとっては耐え難いほどの歪みの多い電気。

純正オーディオは愚か、デジタル回路を数多く搭載した主流になりつつあるディスプレイ・オーディオでは、

新車時から大きな位相のズレがおきたり、あちらこちらに音が散るようなピントの合わない音の聴こえ方を引き起こす要因で問題になっています。

残念ながらカーオーディオ機材内部のパーツ性能を引き出せない、ただ動作させるだけの電源品質になってしまったのです。

 

最新の車の電気事情を理解しないでオーディオシステムを組むと、冒頭でお話した質の悪いACアダプターのクオリティー以下になってしまう可能性が十分に考えられます。

電気の大元であるバッテリーの電源環境に対策をしないままオーディオ機材を交換しても・・・発電も充電も常に不安定な悪循環の繰り返しです。

ナビやプロセッサーの音調整機能を駆使するとビックリするくらいに音が良くなり感動した経験がありませんか?

しかし、バッテリーが質の悪いACアダプターの状態で機材が駆動していたとすると、新しい機材から出る音は4K放送に近付けることは不可能です。

一度感動した音の先には、さらなる大きな感動できる音が待ち構えています。

たどり着くためには、バッテリーの電源改善対策が必要不可欠です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

5.車の電源問題を解決する条件と方法(車の走り/音質に拘る方を対象とした内容です)

①車に定められた基準に合う新しいバッテリーを搭載する

新車購入時に搭載されているバッテリーはリサイクル鉛バッテリーであり、『オーディオ再生には不向き』です。

バージン鉛を使用している新品バッテリーが最良です。

そうでない場合は製造から3年くらいを目途に交換が理想的です。

使用環境で異なりますが、3年を過ぎると放電力が極端に弱くなり、ECU(コンピュータ)/カーオーディオ機材に十分な電力を届けることができません。

 

②バッテリーの純正アース線を点検/交換する

新品純正アース線が最良であり、腐食している線は要交換です。

見た目からは劣化が見られない場合でも、国産車で5年くらい、ヨーロッパ車では3年を目途に交換されると音質が変わるのでお試しください。

電気が流れると、ケーブルの芯材の見た目は綺麗でもインピーダンスが上昇し劣化が進んでいることを確認しています。

 

③basis BT/BT+をバッテリーに装着する

basisシリーズは、皆様がまだ体感したことのない電源品質の世界へとたどり着くためには欠かすことのできないアイテムです。

新品バッテリーでも早い段階で性能が劣化する性質という常識を覆すための製品です。

他社製品を多数使用されている場合は、併用すると本来の性能が発揮できません。

電源改善パーツをたくさん併用すると、さらに効果が高くなると考える方が多いですが、実際には間違いです。

ぜひbasisシリーズだけの装着にて1週間以上使用してから、どちらが走りも音も最良と感じるかご自身でご判断ください。

 

④オーディオ機材はfeelシリーズで強化する

basisシリーズで改善した電気をさらに機材に届ける大切な役割を担っています。

機材内部パーツの充放電も活性化し、性能を引き戻すことを可能とする全く新しい製品です。

あるのと、ないのとでは、次元が違うくらいに変化を楽しめるでしょう。

製品の良し悪しはエージング時間は最低40時間を目安に判断して下さい。

複数個使いが楽しめるのもfeelシリーズの特徴です。

オリジナル接続図を参考に接続すると、驚きの効果が体感できます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

最後に・・・・

CarAudioは、より本来のAudioらしく!

機材の能力は、より本来の機材らしく!

車も、より本来の車らしく!

 

『これが弊社が提案している電源環境整備の根本的な考え方です』

 

現代の車の電源事情の過渡期を無事に乗り越えて、『夢のあるCar Audio Lifeを共に目指していくこと』が弊社の願いです。

みなさま、今後ともお力添えいただけますよう宜しくお願いいたします。