超絶高音質のアルバムと出会う!・・・ORIN/ORQUESTRA AFROSINFONICA

 

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

本日は高音質CDをご紹介します。

 

先日、行きつけのCDショップで、一聴して超絶に高音質だと理解できるCDと巡り合いました。

 

ORQUESTRA AFROSINFONICA と言うラテン・オーケストラはこの日に初めて知りました。

https://www.youtube.com/channel/UCkO8AgXW3vrDQAcqbnzzoLg

 

『この音楽と音質に巡り合えた!』と言う偶然に感謝したいほどです。

 

その理由は『システムとしての基礎が出来ているのか?どこに課題が残っているのか?』を判断するには、最適な録音品質であると感じたからです。

 

一体どうしたらパーカッションや人間の声(コーラス)を、これ程リアルに生々しく録音することが出来るのでしょう?

低音を含めた録音の全てが速いのです!

このアルバムを試聴室で正確に再現できるのでしょうか?

もしかしたらラテン・ミュージックと言うジャンルはこのような高音質が当たり前の世界なのでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さて、試聴室でこのCDアルバムを聴き始めましたが・・・

『心にグッと来ません・・・!』

『音の立ち上がりの速さが全く足りていません!』

まだ、音の立ち上がり方、立下り方、スピーカーの制動に問題を抱えているように感じます。

 

『ここまでやっても、試作品にはまだ先があるのだろうか・・・』

 

しかし、『まだどこかに見落としている箇所が必ずあるはず!』と思い返します。

 

・・・装置が音楽に応えてくれないという事は、『今一度、自分の仕事を見直しなさい。』ということです。

 

来る日も来る日も試作品の修正に没頭し続けました。

 

 

後日、このCDのおかげで数日間をかけて、ついに問題個所を突き止めることに成功しました!!

 

まだ些細な微調整は必要と感じる音ですが、パーカッションの音も、管楽器の低音も、人間の声もこのようにあるべきだと感じさせてくれます。

 

試作品の問題を解決するきっかけを与えてくれたこのCDは、皆様にとってもシステム上の問題点を解決するのに活用できるのではと思います。

 

ご購入された際には下記の点に注意して試聴されることをオススメします。

※このアルバムは、システム全体の基礎体力が出来ていない方は音量に気を付けてお聴きください。

※「電源は完璧だ!」と言う方はスピーカーユニットのコーン紙の動きを確認して判断してください。

※スピーカーのコーン紙がアンプによって正しく制御、制動されていない方は、スピーカーの破損にご注意ください。