試作品テスト・・・4日目の朝。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

本日は、引き続き”あいみょん”さんが弾くギターの音を克服し始めた試作品についてお伝えします。

時間経過による変化の中から最適値を探し続けて、4日目の朝を迎えました。

 

ついにJ-PoPが『三次元的な空間』を再現するようになってきました。

もちろんですが、Jazzやクラシックの高音質録音は、さらに凄いことになってきています。

録音によっては楽曲が空間の中を前後、上下、左右に縦横無尽に展開し、プロのエンジニアの方々の録音技術の凄さを感じる事ができます。

 

試聴室で聴く朝一番の曲は ”あいみょん” さんのマリーゴールドです。

『何なのでしょう!・・・この”ギターの音” や ”あいみょん”さんの後ろで展開していく演奏は・・・』

ミュージシャンの方々の本気度が伝わってくるように感じます。

 

 

上原ひろみさんのSpectrumは、動画で見て取れる左手の力強さ、切れ、厚みが増し、よりスリリングに・・・・まさに縦横無尽です。

『ペダルを踏み込む音にも切れと力強さが増したようです。』

 

下の動画は、一瞬ですがペダルを踏みこむ足が撮影されています。・・・『ピアノが壊れないのか心配になってしまいます。』

 

 

ついに「プロの演奏家の方々の凄さ!や、それを支えている録音エンジニアの方々の仕事の凄さ!』が試聴室で再現できるところまで来ました。

明日の朝の変化が楽しみです。