津軽三味線とパカーワジ。

 

物造りが一段落したせいなのでしょうか、趣味の側のベクトルに立ち戻り、音楽三昧の日々を過ごしています。

数日前には、津軽三味線とパカーワジと呼ばれているインドの太鼓とのコラボレーションLiveを聴かせていただきました。

初めて見る楽器からの出音にびっくりです。

太鼓なのに、音階を出せるのですね!

・・・・この音階を調律するのに1時間程の時間を要するようなのです!!

 

しかし、音階があるにも係わらず、楽譜が無いのには驚いてしまいました!

 

 

動画の途中で、私には解らない言葉のやり取りが行われており、それが楽譜と言いますか、叩き方らしいのです。

演奏は、全て口頭で伝えられ、”ディ”とか ”ダァ” とか ”ドォ” だとか発声している言葉が、叩き方を示す楽譜そのものなのだということを、おっしゃっていました。

 

しかし、この太鼓の音は凄かったです!

動画では伝わりずらいですが、倍音が物凄くキレイに伸びています!

津軽三味線は、まさにエネルギーの塊!・・・いいえ、魂の震えと言っても良いのかも、知れません。

 

やはり、3mの距離で聴く生の音は、凄まじいエネルギーを発していて、 久々に自身の中の何かが揺さぶられたような気がしました。