奇想天外なアイデアの採用へ。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

相変わらず、試作品に挑み続けています。

手応えは・・・『この方向で間違いない!』と言う確信を得ていますが、今のところは一進一退の繰り返しです。

 

この一進一退しなければならない状態を、basis BT/BT+開発中の頃に夢で見た事があるような気がします。

『あの時に見た夢は、今の自分の姿だったのですね!』

これがデジャブと言われる感覚なのでしょうか。

 

さて、昨日の試聴室の出音についてですが、渡辺香津美さんのギター・ルネッサンスでは空間にギターのボディーが浮き上がっている錯覚を覚えました。

そして、とても深い静寂感と木のホールに響き渡る音が止まった時の静けさ!

頭の中で初めて体験した『シィーン…』と鳴り響く無音の音。

もちろん、Audioですので・・・私がこうありたいという思いと願いが生んだ錯覚と妄想なのだと思います。

 

 

しかし、そのような錯覚が一度頭の中に描かれ刻まれてしまうと・・・『その高みを目指さずにはいられません。』

 

先日ご紹介しましたアルバムORQUESTRA AFROSINFONICAですが、物凄い勢いで聴き込んでいます。

 

 

こちらのアルバムは、ギタールネッサンスとはまるで違う「躍動感とダイナミック感の世界。」

それぞれの楽器の一音一音と人間の声をとても力強くリアルに聴かせてくれます。

低音にこだわり続けて来て良かったと感じたのは、コントラ・バスの弦が震える音のリアルさと管楽器の低音が満足度の高い音で再現され始めているところです。

 

現在は、更なる高みを目指して『出音の全ての帯域に一切の幕やフィルターが掛けられていない、純粋で突き抜けるような質の高いクリアーさ』を求めて突き進んでいます。

そして、気がつきました。

日に日に音を覆っていた幕が取り払われてクリアーさが増すと、”音楽の静寂感、躍動感、ダイナミックさ” と言う、一見相反する要素が実は表裏一体であったということに…。

 

今の私が取り組んでいる試作品は、今までの手法とは違う新たな技術を投入しています。

basis BT/BT+の隠れた本当の力を引き出す重要な役割を果たす製品になり、feelシリーズとの相乗効果も狙っております。

何年もかけて温めてきた奇想天外なアイデアは、今年に入ってから確実に新しい技術として採用できており、効果の高さに自分でも驚かされるほどです。

製品を愛用してくださる皆様に、感動し喜んでいただける日がくることを目指して頑張っております。

 

以上、まだまだ発売までには時間がかかる試作品の経過報告でした。

 

さて、・・・『今日は何歩進んで、何歩押し戻されるのでしょうか?』