サウンドミートin東日本2021 課題曲

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

相変わらずご無沙汰してしまい、申し訳ございません。

 

さて、10月31日(日)に、いよいよ サウンドミートin東日本2021いわきstage が開催されます。

皆様の中には首を長くして待たれていた方もいらっしゃることと思います。

弊社もとても楽しみでなりません。

 

さて、ここ数日 サウンドミートin東日本2021いわきstage 弊社課題曲 についてのお問い合わせが増えてまいりました。

「この楽曲のどこに的を絞って審査するのでしょうか?」

 

 

この課題曲は、BGM的に聴くと思わず身体が動いてしまうようなノリの良いラテン・ミュージックですが、下記の項目を満たすように再生する事はとても難しいと思います。

なぜかというと、弊社が課題曲の出音に対して要求させていただいているものは調整では叶える事が難しい項目ばかりだからです。

 

お電話での問い合わせに対しても、下記と同じ内容でご説明しておりますので参考にしてください。

 

1)低音から高音までの 広い周波数レンジが歪なく 確保されていること。

特に楽器の基音が再現される低域のレンジが確保されていること。
https://tomari.org/main/java/oto.html

2)複数の 低音楽器が分離しクリアー に再現されていること。

3)男性ヴォーカルの声は太く朗々と歌い上げていること。

4)音楽の自然な立体感を再現できるS/Nが確保されていること。

5)ラテン・ミュージックらしいノリの良さで音楽が再生されていること。

今回の課題曲で一番難しいところは、『楽器や声本来の量感を確保しながらどれだけクリアーな再生が出来るのか?!』ということです。

 

『クリアーな再生音は音が瘦せている!』と言う一般的な解釈とは真逆の再生音を目指していただきたいと思います!!

 

皆さんのお話を聞くと、「タイムアライメントを合わせ直し、イコライザーで調整し、低音楽器の分解能と立体感を上げると、男性ヴォーカルも細く聴こえてしまう!」と言うご意見が多く、とても苦戦されているご様子です。

今回も難しい課題曲を選んでしまいましたが、上手に鳴らすことができると他の課題曲はさらに素晴らしく鳴らせているはずです!

それではイベント当日に皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。

 

 

◇◇ご購入いただいたお客様にレビューのお願い◇◇

車種、電源環境(バッテリーの性能/アース環境)によって、効果が体感できるまでに時間がかかるのが弊社の製品の特徴です。

エージング時間は1~3か月ほどかかることもございますが、体感できた際には率直な感想を教えてください。

レビュー投稿は短い文章でも大歓迎です。

喜んでいただけるお客様のレビューが弊社スタッフ一同の励みになります。

何卒宜しくお願いいたします。