いつもの S9500の音の変化に刺激を受けました。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

ここ最近は暗いニュースが多いですが、何とかこの冬を安全に乗り越えたいものです。

気を抜かずに社内での手洗いうがい換気を徹底したいと思います

 

さて、先日のお話です。

私が通うJazz喫茶に設置されている JBL Project K2 S9500 の音が店を訪れる度に変化している事に気が付きました。

https://audio-heritage.jp/JBL/speaker/s9500.html

 

 

思いかえしてみると「この2か月余りの間にドンドン音が良くなってきている!」

 

そのように感じながら、この音の変化は『プリ・アンプを交換したのかな?』と感じ、機材を眺めてみましたが何の変化も見当たりません。

『信号ケーブルを交換したのかな?』と考えましたが、壁をはがし改装工事を施した形跡もありません。

 

珈琲を一口含みながら満足度が増した音に聴き入ります。

しかし、この尋常でない音の変化は一体どうしたのでしょうか?

 

際限なく延びる低音と高音!バランスのとれたトーン・バランス!膨らみを感じていた楽器の音も見事に解消され、それに伴い立体的で自然な定位も感じられます。

・・・『楽器の温かさや柔らかさが増してきて生っぽい音だなぁ。』

 

しかし、今回は前回伺った時と比べても音の変化が余りにも大きすぎます。

改めて店内の機材を見渡してみると、SPの間に置かれているアンプ・ラックの中に記憶にない機材を見つけてしまいました。

 

好奇心に押され機材の方へ歩み進めると、背中にはお店のオーナー様の視線が刺さります。

 

『”決して手を触れないでください。”』 の貼り紙があり、もちろん手は触れておりません。

 

しかし、触れない反動からなのでしょうか…

私は、ついにその場に膝を折り、舐め入るようにその機材を見つめてしまいました。

 

機材に貼られているステッカーには ”〇○〇〇〇〇Jazz倶楽部 謹製” と、書かれています。

『えっ、謹製! 心を込めて貴方に贈ります。』・・・そんな思いが込められた逸品らしいのです。

 

その頃には、オーナ様からの視線は徐々に和らいだように感じられました。

 

初めて目にした機材のパネルには、いくつかのスィッチが見えます。

ケースの天板には通気用の穴もなく、空冷ファンもないことから熱を発生する機材ではないようです。

 

『たぶんこれは〇〇を備えた〇〇かも知れない?』

『それも相当に強力で、しっかり煮詰め追い込まれた物でないとこんなに心身になじみ沁みこむ音は出ないはずです!』

 

ただひたすら・・・『良い!』 特に、この低音の全てが勉強になります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

やっと、あのシステムの音が大きく変化した理由が理解できました。

あの出音に刺激を受けてからの私と言えば、試作室の中に籠りはじめ新たな可能性と向き合い始めました。

おかげさまで部屋の中は、新たな試作品の山となりつつあります。

”何かが生まれるのか、生まれないのか? 

生み出せるのか、生み出せないのか?” 

気長に取り組んでいきたいと思います。