あいみょんさんの弾くギターの低音。

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

本日は、J-POPのお話について書かせていただきます。

皆様は女性ボーカリストの ”あいみょん”さん をご存知ですか?

私も名前は存じてましたが、恥ずかしながら曲を聴きだしたのは昨年からです。・・・・『可愛らしいお嬢さんですね。』

 

実は…現在の弊社試聴室で聴くリファレンス音源の中にも”あいみょん”さんの楽曲を用意しています。

最近は「恋をしたから。」と言う曲を徹底的に聴き込んでいます。

試聴室では『この曲の6弦目の低音が上手く聴こえないけれど、どうしてなのだろう?』と言う疑問について社内で話し合っていました。

 

曲名で検索すると、録音風景の動画を見つけました。

 

動画で確認しながら聴いてみましたが、やはりFコードを弾いた時の6弦目が ”パフッ!” と言う感じの音で聴こえてしまい、音に延びや余韻が感じられません。

普通でしたら、「やはり握力が弱いので、弦を抑える力が弱いのかな?」と、感じる音です。

しかし、ギターの6弦目が奏でる音の質にどうしても納得がいきません。

 

その理由は下記の通りです。

①録音現場のプロのエンジニアの方々が、『この録音でOKするのだろうか?』という疑問。

私はエンジニアの方がその音でOKを出すはずがないと考えます。

②その音が出せないミュージシャンであれば、『生録音をしないで違うギタリストに弾いてもらうはずでは?』という疑問。

③『録音風景の動画まで存在させるだろうか?』という疑問。

 

私は・・・・・

『この音が上手く再現できない要因は、オーディオ機材の動作に深い問題があるのかもしれない』と思い、

さっそく自身の仕事に疑問を持ち向き合うことにしました。

それも今までとはまた少し違う方法を採用しながらです。

 

それからの数日間は、この動画の「恋をしたから」を聴き続けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『やはり、6弦目の音はしっかりと録音されておりました。』

『ギターの胴の響きと残響音までしっかりと録音されておりました。』

 

結論を申し上げますと、『試作品には問題点はなく、別の要因が関係していたのです!』

それと同時に…

今までのCar Audioでは、注目されていない『大きな要因』を見つける事が出来ました。

 

『大きな要因』は一般的には解決させることが難しいといわれている部分です。

しかし…今の試作品の動作を見る限りでは、弊社の技術にて対応できていることを確認できました。

 

上手くいくと、また一歩100Vの電源に近づくことができると思います。