『木のホールの響きが感じられる。』

 

Car Audio機材と向き合いながら、『このホールの響きを聴きたい!』と、思い続けて今日に至ります。

 

これから、ご紹介するアルバムはJazzギタリスト 渡辺香津美さんが初めてアコースティック・ギターでクラシックを演奏し、収録したアルバムになります。

 

この二つ折りのアルバム・ジャケットを開いてみると、そこには演奏会場として選ばれた美しいホールの写真が映し出されています。

 

写真からイメージできる、ホールの大きさや広さ、一見柔らかそうな材質に感じてしまう木のステージや壁。

『たぶん、美しい響きがするのだろうなぁ?』と、想像を掻き立てられてしまいます。

 

ミュージシャンとして、自身の奏でる音楽と、一音に対する表現者としての拘りに、強い感銘を覚えたアルバムでした。

 

『しかし、私が奏でるCar Audioは美しくなく、このホールの自然な響きさえも、再現する事が出来ない程のクオリティーでした。』

 

私は、ミュージシャンの方々が、表現者として再現したい音楽と一音を再生できることを、最終的な目標としています。

 

『皆様も、是非このアルバムを聴き込んでいただきたいと思っています。 』

 

『意外とホールの響きの中で演奏されているギターの低音は、再現する事が難しく・・・ホールが持つ、木の響き特有の倍音の再現は、とても困難を伴います。』

 

『ぜひ、チャレンジしていただければと思います』

 

 

下記の再生ボタンをクリックしていただくと、ご本人が、このアルバムについて解説されております。