『 錯 覚!』

 

いつもブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

さて、ここ最近の開発試験の中から不思議な体験をしましたので、日記に記しておきたいと思います。

 

あくまでも私自身が感じた感覚のお話です。

Car Audioの業界では話題に上った記憶がありませんが、録音された楽曲には『過去の記憶や記録、時間や情報』が納められています。

 

実は…

納められていた音が、まだこんなにあったのかと驚愕するほどの音を体験してしまったのです。

聴きこんできたはずの曲に対する感覚をここまで狂わされてしまうほどの瞬間に出会ったことがありません。

 

コンテスト用の曲でも確認しました。

優しいタッチで演奏されている曲は、この上なく優しさを感じさせてくれます。

緩やかに流れるスローな曲は、時が進んで行くのが遅くなったかのように流れる音楽に身を任せてしまいます。

激しい曲は、これほどまでに熱気と思いを込めて演奏していたのかと感じられます。

 

頭を切り替えて冷静になり判断しようと試みるものの…

この音の前では

・・・・私は無力になるしかありませんでした。

 

音楽を止めて、時間をおき冷静さを取り戻して考えてみました。

 

時間や時代を感じさせる音?

激しさや優しさを、今まで体験した事がないくらいに感じさせてくれる音?

・・・・何故なのだろう?

 

出音の何が変わればこのような錯覚を感じさせてくれるのでしょうか?

『定位は変わっていません。』

『聴こえる音や聴こえない音と言われる音数も、変わっていません。』

『前後左右上下の広がりや奥行きにも変化が感じられません。』

つまり、コンテストの審査項目に記載されている音には特別な変化は見られないのです。

 

しかし、ただ一つ明らかな違いがあります。

『脳が、演奏会場やスタジオの大きさや広さ、演奏者との距離や空気の流れ、ざわめき、演奏者が放つエネルギーを勝手に頭の中に描いてしまいます。』

『これは脳がとても大きな錯覚を起こしているようです』

凄く良い方向に向かっているということです。

 

この大きな手応えは、私の新たなライフ・ワークになりそうです。

簡単な事ではありませんが、正しく積み重ねることでしか得られない世界を垣間見たような気がします。

 

いろいろとブログではお伝えできないことばかりですが、今後もエナジーボックスシリーズでしか出せない音の世界を追求してまいります。