最近は・・・ドビュッシー 「月影の寺に弾く」

 

ここ最近ですが、Grotrian(グロトリアン)と言う、聴き慣れないピアノの音に惹かれています。

 

残念ながら、私はこのピアノの音を生で聴いた事はないのですが、 ”深い低音!”  ”濁りのない倍音!”  ”壮大な響きと力強さ!” ・・・・・・

 

奏でられている音は、確かにピアノなのですが、・・・・・・

 

この音からイメージさせられることは・・・・・・・

とても深い森の中で耳を澄ませば聴こえてくる、自然の中の川のせせらぎや、小鳥のさえずりのように感じてしまい、心が洗われるような気がします。

 

そして・・・・『不思議なピアノだなぁ… まるで生命を持っているかのような音に感じてしまいます』

『これが、演奏している方の技量なのでしょうか?』

 

クラシックにはなかなか興味をもてなかった私にとっては、心奪われたピアノの演奏でした。

 

『明日も聴いてしまいそうです』