『基礎体力!』

 

皆様、大変にご無沙汰してしまい、申し訳御座いません。m(__)m

 

此処最近、機材と向き合いながら、大いに感じ始めている事が出来てしまい、それらと向き合っておりました。

 

機材と向き合いながら、機材の動作が本来の能力を取り戻していくに従い、見えてくるものは!・・・・『明らかに基礎体力の不足!』

 

体力不足!・・・と一言で言う事は、とても簡単な事なのですが、これが本気で向き合ってみると難解を極めます。

何故ならば、車はCar Audioの事など考えて造られてはいないからなのですが、

誰しもが「それを解決する為にも電源を強化する為の機材を取り付け解決しましょう!」と、考えるのが一般的な思考と手法ですよね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

現在の考え方で言えば・・・・・電力が足りないからキャパシターを取り付ける、またはバッテリーを大きなものに交換する。

               又は、上級者ともなれば、電源安定器を投入して電圧の安定とノイズの除去に取り組み,解決方法を模索する!

 

『しかし、現実はそう甘くはない。』と、言う事を此処最近大いに、実感しております。

 

例えば・・・ 『キャパシターは本当に充電されていて、本当に電力を補う為に放電しているのだろうか?』

どうですか?考えてみた事はありますか?

 

       『この車には、搭載されているバッテリーを満充電に出来る能力と環境が整っているのだろうか?』

この問題は、長年に渡り私が訴え続けてきた事ですね。

 

更に奥を見て行くと・・・・・『電源安定器さえも能力を引き出し切れない、車と言うものの電源の存在自体に突き当たってしまうのです。』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の弊社の考え方と取り組みは、こうです。

『何かを取り付けて解決しようとする考え方に、間違いはないのですが、問題を解決しようとする為に取り付けられた機材は、

 本当に本来の動作と目的を果たしているのでしょうか?』

『もしも本来の動作が出来ていないとしたならば、それは逆に足枷になってしまっては、いないのだろうか?』

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は長い年月をかけ、この問題と真剣に取り組んで来ました。

そして車が、ある条件に達した時、それらの機材達は足枷になってしまう事を知りました。

 

そして悲しいかな、その条件は時間の経過と共に殆どの車に訪れてしまうのです。

 

弊社は、車というものの正常な発電と、正常なバッテリー充電を、車が持っている正常な制御の範疇で、Car Audioと向き合って参りたいと、考えております。

『この弊社自身に課した課題は、大変に大きく重たいものなのですが、皆様の大切なお車を、快適な状態で保ち続けた中でCar Audioを楽しんでいただきたいと思い、

自身に課した足枷で御座いますので、どうぞ、ご理解の程宜しくお願いいたします。m(__)m 』

 

弊社はこれからも、車業界、Car Audio業界に対し感謝と尊敬の念を持ちながら、敬意を込めた製品造りを目指して行きたいと、考えております。