『全ての試作品のレベルを上げる事が出来そうです。』

 

 

『おかげさまで、New energyboxが見えてきました。』・・・・とは言え、効果と安全性、耐久性が確認できたと言う段階で、形になるにはまだまだ先のお話です。

 

しかし、最も上流の効果を決定する事が出来たおかげで、今まで試作を積み重ねてきた物達のレベルをどこまで引き上げても良いのかが、見えてきました。

つまり、下流に取り付ける試作品達の能力を引き上げても、『バッテリーには余裕がでてくる』事になります。

私としては、下流に取り付けるための試作品達の能力を数割程度は引き上げる事ができるのではないかと、感じております。

しかし、これもやって見なければまだ分からない事です。

 

車の電気は、最も上流の状態を見ながら、下流の能力を決めなければなりません。

『何故かといいますと、発電できなくなり、充電できなくなりえるからなのです。その事を、嫌というほど経験してきました。』

 

現在のところ、New energyboxの試作品が取り付けられているバッテリーは、充電器ではない電源安定器からの電力で満充電の状態を保ち続け、

充電の電力を受け入れなくてもよい状態を維持しています。

 

さて、この数値は一体何を示しているのでしょうか?

詳しくは、発売が見えてからお知らせしたいと思います。