junction stabilizer

【ACC/REMOTE専用ノイズフィルター】

リモートの真実とは…
機材を立ち上げるために必要なREMOTE(又はACC)電源回路からは、機材内部の回路の動作をさまたげているとてつもなく強力なノイズが発生していることは、あまり知られていません。
なぜなら、この事実は機材を設計開発している技術者の間でもあまり知られていないからです。

脈流に特化した技術をもちいることにより、この問題を解決することに成功しました

REMOTEを立ち上げる為に必要なトランジスタから発生しているノイズはマイナス数十ボルト~マイナス数百ボルトもの強烈な電圧をアース側に放出していますので機材のアースが流れにくい環境となっています。
一点アース、または集中アースで組みあげられアースが集中しているCarAudio機材にとっては無視できない種類のノイズであり、機材の動作のすべてに悪い影響を与えてしまいかねないノイズなのです。
もしもこの問題点を機材側で解決しようとした場合には、現実的ではないほどの膨大なコスト・アップが図られてしまうことでしょう。
Third Technologyは、今まで明らかにされなかったREMOTE電源の真実と向き合い、解決するためにjunction stabilizerを開発しました。
機材がノイズから解放されることによって、きっとあなたの夢へと一歩近づけてくれるはずだと願っています。

温度を一定に管理した専用室にて組み上げます。
機械での大量生産ではむずかしく、人の手でなければ成しえない 技術が注入されています。
feelシリーズを完成させるための定められた条件を満たすには 想像をこえる手間と時間がかかります。

今までの音から未来の音へ
シフトする

  • 録音されたままの空間を再現
  • 楽器本来の音やその楽器でしか再現できない音色の違い
  • 演奏者の細やかなテクニックの再現
  • 機材の制動力のUP
  • 歪の除去
  • SNの向上
  • 音楽情報量のUP

ついに…今までの枠を超えた3次元的な音場をつくりだす次世代Car Audioを実現します。

feelキャパシタを追加して
驚きの相乗効果を体感してほしい

機材から引き出されたノイズ(交流成分)は抵抗の低いボディーアースに流れると言われますが、feelシリーズのキャパシタはボディーアースの数百分の一に匹敵する広い範囲で低インピーダンスであるために、非常に効率よくノイズを吸収することができます。
吸収したノイズはfeelキャパシタの内部でクリーンな電力に変換されて再利用することが可能となり、junction stabilizerの効果が体感できるまでの時間を短縮し、より一層の高い効果を体感していただけます。
ぜひ、すばらしい相乗効果をお試しください。

energy box feel
junction stabilizer
エナジーボックス フィール ジャンクションスタビライザー

junction stabilizerは、カーオーディオ機材の電源を立ち上げる為に必要とされるREMOTE電源配線、ACC電源配線に割り込ませてご使用頂くことにより、カーオーディオ機材の内部で発生し続けながら、機材を構成している素子の動作を阻害している、マイナス電位のノイズの発生をくい止め、除去するために造られた、カーオーディオ専用モデルです。

※弊社販売モデルのキャパシタ(energyboxfeel ver,ASUKA及びenergyboxfeel.2)と合わせてご使用頂いた場合は、さらに機材のノイズをジャンクションスタビライザーで吸い取り、低抵抗キャパシタで消費させて電力として戻すという次世代のノイズ消費回路が完成します。
相乗効果によりお楽しみ頂けるのは下記のとおりです。

・機材本来の能力が引き出され、楽器本来の音、楽器メーカーの違いによる特徴、演奏者の細やかなテクニック、録音された空間情報の表現力等、Car Audioを超えた音をお楽しみいただけます。

お使いの全ての機材に1つずつ取付けされることが理想です。

《注意》
ジャンクションスタビライザーの出力を分配される場合は、エージング終了までに費やす時間が長期間かかる場合がございます。
また、他機材のノイズが混ざり合う為、本来の性能を引き出せない場合がございます。
※取り付け推奨機材
【デッキ・デジタルプロセッサー・アンプ・デジタルトランスポート・ハイレゾ対応機材等のREMOTE及びACCでON/OFFされる全ての機材】
サイズ
W80/H50/D130 (電源端子含む/130mm)
使用電圧
12V~16V
《注意》
取り付けする機材の入力電圧が12V以下の場合はリレーを使用し、12V以上入るようにしてください。(12V以下の場合は音が曇ってくることがございますのでご注意ください)