『余韻も、分厚くなってきました。』

 

先日、ギターカッティングしているミュージシャンの方の、手首から先が見えたような錯覚を覚えた音から、連続48時間以上の慣らし運転を継続中です。

と、言いましても、ただ鳴らしている訳ではありません。

勿論、色々と試行錯誤を繰り返しているのですが、本日のお昼過ぎ頃から、中低域がよりしっかりと鳴り始めて来ました。

相変わらず、いや、・・・・・・今までにも増して、ピアノは置かれている位置や、少々歪み気味だった鍵盤の並び方が、より明確に理解出来るようになって来ました。

更に、余韻までもが厚く伸び始め、嬉しい限りです。

 

この状態で、何事もなく進んでくれれば・・・・次には、『床を這う残響音が、広がり消えて行く様を、確認できるかも知れないな?』

と、考えてしまう様な、本日の音でした。

今の所・・・・『おぼろげですが、思い描く再生音の2~3割程度には達したのかも知れないな?』と、感じた本日でした。

 

それでは、また。m(__)m